メニューへジャンプ 本文へジャンプ

樽商 田中製樽工業所 和樽、樽いす、

杉桶、杉櫃、いろいろ取り揃えています。ネットで注文OK。
ネット通販入口
樽商ブログ 樽工場の片隅で
新日本プロレス
樽娘は幼い頃、親方と一緒にプロレスのTV中...
ラジオ大阪の「べっぴんラジオ」に
2月28日、ラジオ大阪「べっぴんラジオ」の...
阪神尼崎駅南側を散策
2月26日に尼崎駅前で催された「全国ふるさ...
和樽づくりの様子を動画で見る(You Tube)
本文の開始
田中製樽工業所
福来たる 暮らしの和樽 インテリアに、お店のディスプレイに 和樽椅子

和樽は暮らしの道具です 詳細はこちら

天然の木の容器はゆったりと時間をかけて、馥郁(ふくいく)とした香りを移し、食品を醸成させてくれます。

漬物樽

杉桶でおいしく

天然杉の樽やお櫃(ひつ)はお漬物やご飯の保存に最適。使いやすい小ぶりのものが好評です。

酒樽椅子

和樽インテリア

和樽を使ったイスやテーブルはいかが。傘立てや鉢カバーなど用途いろいろ。


鏡開きで景気よく

和樽でイベント演出

結婚式などの祝宴を盛り上げる鏡開きや、祭りで人気の樽太鼓など、目で耳で楽しめます。

ディスプレイ・陳列棚・飲食店に

店舗も和樽で演出

飲食店様の家具や調度品としてご活用いただいてます。商品の陳列棚としても人気。



樽三昧 代々受け継ぐ職人の技 詳細はこちら

江戸時代からつづく酒どころ灘五郷で代々樽づくりを担ってきましたが、今では樽屋は西宮では当社だけ。全国でも10数社しか残っていません。

しかし、その中でも、伝統を守ろうという若い人たちが全国で育ってきています。飲み込みの早い彼らは伝統の技をしっかり受け継ぐとともに、若い感性で新しい和樽の魅力を伝えようと意欲的です。

自然の恩恵を受け、環境に配慮する和樽 詳細はこちら

和樽に最適な樹齢80〜100年の吉野杉 和樽には奈良県の銘木、吉野杉が用いられます。年輪が揃い、木目が細かい吉野杉は、高い強度があり、豊かな木の香りや殺菌力とあわせ、酒やしょうゆを入れる和樽には最適です。
森林資源の維持や林業の育成といった森を守ることにも貢献しています。
また、古くから「改正樽」という言葉があるように、古くなった樽は再生して使うこともできます。自然の贈り物を大切に扱い、環境を守っていくことも樽職人の努めと考えています。

樽屋のつぶやき 新着情報 What's new 一覧はこちら

2017年3月23日
味噌(兼漬物)樽、たくさんのお客様からご愛顧を賜り、誠に有難うございました。
9L樽につきましても、制作できましたのでお気軽にお問い合わせくださいませ。
さて、いよいよ樽太鼓のシーズンに入ります!即納できますよう、只今準備を進めておりますので、宜しくお願い致します。
2017年3月23日
味噌(兼漬物)樽、たくさんのお客様からご愛顧を賜り、誠に有難うございました。
9L樽につきましても、制作できましたのでお気軽にお問い合わせくださいませ。
さて、いよいよ樽太鼓のシーズンに入ります!即納できますよう、只今準備を進めておりますので、宜しくお願い致します。
2016年11月7日
NHK「ニュース神戸発 まちたびコンパス」で、西宮神社での酒蔵ルネサンスと白鹿クラシックスにおいて酒粕を使った西宮スイーツ、当社が紹介されました。工場内で使用している樽鉢、WEBページ「インテリア活用例」掲載の樽デザイン・傘立ても紹介してくださいました。
2016年11月7日
NHK「ニュース神戸発 まちたびコンパス」で、西宮神社での酒蔵ルネサンスと白鹿クラシックスにおいて酒粕を使った西宮スイーツ、当社が紹介されました。工場内で使用している樽鉢、WEBページ「インテリア活用例」掲載の樽デザイン・傘立ても紹介してくださいました。
2012年9月28日
千葉県にあります「国立歴史民俗博物館」に、田中啓一制作の酒樽、本格的味噌樽、漬物樽など数点お納めしました。
来年3月、常設の民俗展示室リニューアルオープンにあたって、「職の世界・樽職人」として紹介される予定のようです。大変光栄なことで、身が引き締まる思いです。これからもこの道一筋に邁進していきたいと思っております。
2012年9月28日
千葉県にあります「国立歴史民俗博物館」に、田中啓一制作の酒樽、本格的味噌樽、漬物樽など数点お納めしました。
来年3月、常設の民俗展示室リニューアルオープンにあたって、「職の世界・樽職人」として紹介される予定のようです。大変光栄なことで、身が引き締まる思いです。これからもこの道一筋に邁進していきたいと思っております。
2012年9月6日
産経新聞社の総合ビジネス金融紙 「Fuji Sankei Business i.」 に成長企業・ユニーク樽の製造直販会社として、弊社が取材掲載されました。
兵庫発・元気印「継続的に売れる商品を開発したい」・・と題して代表取締役、田中啓一自ら制作の樽太鼓や和樽椅子が紹介されました。
2012年9月6日
産経新聞社の総合ビジネス金融紙 「Fuji Sankei Business i.」 に成長企業・ユニーク樽の製造直販会社として、弊社が取材掲載されました。
兵庫発・元気印「継続的に売れる商品を開発したい」・・と題して代表取締役、田中啓一自ら制作の樽太鼓や和樽椅子が紹介されました。

ページの終了